読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『髑髏城の七人』≪花≫

みなさん、こんにちはーー。

たるうです。

 

髑髏城の七人 花 に行ってきました。

f:id:taruu871:20170418030207j:image

 

IHI STAGE AROUND TOKYO のこけら落とし公演ですね。

IHI STAGE AROUND TOKYOは、客席が360度回る新しい劇場です。

ゆりかもめ線市場前からすぐ、豊洲から歩いて15分ぐらいでしょうか。

いまは、なにもないところにポツンとあります。

f:id:taruu871:20170418030135j:image

 

客席が回るというのはどういうことかというと

舞台がたくさんある感じです。

それで、中央の舞台が開いて、大きく開いて演出したり、回転しない部分をつかったり、いろいろ演出はできそうです。

もともと新感線は、舞台が回っていたのが、客席が回るようになっただけで、そのまま今回の公演は使える感じでした。

 

客席が回り出すと、風がすーっと通る感じで、アトラクションに乗ったような感じですね。

場面が変わる箇所で、回転するので、途中で入場もできない時間があります。

私はそれほど気になりませんでしが、まわりのお客さんの中には酔ってしまう方もいたようです。

 

髑髏城の七人自体は、まあ、おもしろかったです。

期待通りでした。

ちゃんばらがちょっと多かったかなー。

劇の時間も、休憩入れると3時間30分あったので結構長かったです。

 

小栗旬さんと山本耕史さんのイケメンで固めていたし、古田新太さんはおもしろかったし。

個人的には、沙霧役の清野菜名さんのアクション演技がとてもよかったです。

 

この後も、配役を変えて、髑髏城の七人を、鳥、風、月、と1年通して実施されるようですので、機会があればみなさんも観に行ってはいかがでしょう。

 

ではーー。

 

おまけ。劇場でサングリア飲みました。

f:id:taruu871:20170418030244j:image