読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴースト・イン・ザ・シェル

みなさん、こんにちはーー。

たるうです。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル観てきました。

 

 

ほとんどCGじゃないかという映像で、かっこよかったです。

光学迷彩のシーンとかすごいし、アクションとかも派手でおもしろかった。

 

街並みとかが未来感を出しているのですが、暗い感じではなく、明るい感じでかつ、とてもチープに見せていました。

もっと渋い感じにしても面白かったと思います。

また、そういうシーンではなく、普通に背景にしている街並みの作り度合いがすごい。

お金かかってるなーという感じでした。

 

たるうの映画評価: ★★★★☆ 4.0点

 

まあ、よかったんですが、題材がよかっただけに不満な点も。

もっと音楽に凝って欲しかった。

菅野よう子さんとかで、ガンガンに音楽とシーンと合わせてやれば、かっこよかったのに。

なんか全体的にもっさりしていてスタイリッシュ感がなかった。

あと、中国資本だから仕方ないかもしれないけど、日本人がもっと出てよい映画かと。

たけしさんは、最後のほうはかっこいいんだけど、やっぱり、喋り方とかいまいち(武ファンの人すみません。。)

もっと、やれる人いただろという感じでした。

 

原作好きな人は観て損はないかと。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告

 

ではーー。